現金化入門案内

現金化入門案内へようこそ!こちらのウェブページは現金化超ビギナーのためのベーシックな内容がてんこ盛り♪現金化全体に関しまして周到にご説明しています。 - 新幹線回数券が売られるのは普通の人のもと

新幹線回数券が売られるのは普通の人のもと

クレジットカードの現金かという言葉に後ろめたい思いを感じてらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
いまのところ、法的な規制が確固として整備されていないためグレーゾーンの中で行われているのが現実です。
「現金化した商品はどこに流れてしまうのだろう」と言うことが心配な方には、新幹線回数券をオススメします。

一般の人に売られる

当たり前のことですが、新幹線回数券は使わなければただの紙片に過ぎません。
しかし、新幹線に乗りたいという人にとってみたら魔法の紙になるのです。
現金化した商品といっても、一般の人に向けて売られるため決して後ろめたい思いをする必要は有りません。

業界間でも取引されている

また、新幹線回数券は購入する区間によっては「うちでは必要ないんだけど」というものもあります。
こうした回数券はお店で売られずに、金券ショップの業界取引によって売買されています。
私たちは参加できないのですが、いずれどこかのお店で売りさばかれるのです。

自分で売っちゃダメ

中には「クレジットカードで購入したきっぷを自分で売ればいいのでは」と思われるかも知れませんがそれはいけません。
未使用といえど中古の扱いになりますから、古物商の免許が必要になります。
免許を持たずに営業すると逮捕されますよ。

変なところには流れないから大丈夫

誰がどう見たってキップというものを現金化するに過ぎませんから、変なところに流れようがありません。
もっとも売った後もカード会社からの規約違反でのペナルティは避けられませんよ。